NerveNet

概要

製品概要

NerveNetは、次世代の地域ネットワーク基盤として独立行政法人情報通信研究機構が研究・開発を行う通信ネットワークです。
基地局同士が自動的に相互に接続することによって構築される無線ネットワークで、既存の携帯網や電話網が利用出来なくなった時にも、小型のポータブル基地局とアンテナを迅速に配置することにより短時間に地域内を結ぶWi-Fiネットワークを構築し通信網を確保します。
NerveNetを自治体や地域通信事業者が設置・運営することにより、災害時だけでなく平時にも多様で有用なサービスに利用可能であり地域振興の基盤となります。

NerveNet通信ネットワークシステム

平時

災害時

ページトップへ

NerveNetの特徴

1.平時と災害時の多様な情報サービスを提供

情報サービス例)

平時 音声通信サービス(エリア内での音声通話)
情報広報サービス(エリア内の端末へ交通・観光・イベントなどの情報をプッシュ)
位置確認サービス(エリア内での端末位置情報の確認)
ナビゲーションサービス(目的の場所までのナビゲーション)
センサー情報の収集・配信(各所に設置されたセンサー情報の収集・配信)
災害時 災害情報の配信(災害情報の一斉配信)
SOS発信(被災者が救援要求)
安否確認(避難所を中心とした安否情報の登録・確認)
配給品情報配信(配給品の時間・場所を配信)

2.設置・運営が非常に容易

NerveNetは、小型で低消費電力の基地局装置を適当な場所に配置することにより容易に情報サービスエリアを構築することができます。構築後は、基地局装置が自律・自動的に状況に応じて動作を行うため定常的な人的負荷の無い運営が可能です。

ネットワーク自動構築手順

ネットワーク自動構築手順

3.導入費用を抑えたシステム構成装置(基地局装置、スマートフォン、パソコン)

NerveNetは、小型で低消費電力の防塵・防滴の屋外設置対応基地局装置と汎用のスマートフォンやパソコンを利用した機器により構成されます。
利用者は、スマートフォン(Android端末)にアプリケーションをインストールすることにより情報サービスの利用が可能となります。
汎用機器を最大限利用することにより、導入費用を抑えたシステム構築が可能です。

NerveNetシステム構成

ページトップへ

製品構成

装置仕様概要

装置名称 仕様概要
ネットワークマネージャー(NM) パソコン上で動作する制御プログラム
  • Linux OS上で動作
基地局本体装置 外形寸法:230X400X130mm
  • ファンレス無音設計
  • 防塵・防滴性能:IP65相当
詳細は製品資料をご参照ください。
無線ユニット
  • 外形寸法:200X200X120mm
  • 無線通信規格: IEEE802.11a(W52,53,56)/b/g
詳細は製品資料をご参照ください。

ページトップへ

利用事例

アプリケーション例

スマートフォン用無償アプリと専用端末(920MHz IEEE802.15.4g対応)により様々なサービスの提供が可能です。

1.安否確認サービス

普段利用している交通系ICカードや専用端末を利用し避難所へ避難した家族の安否を簡単に確認

安否確認サービス

2.店舗情報配信サービス

店舗などが配信する売出やキャンペーン情報を自動取得しナビでルート案内

店舗情報配信サービス

3.緊急発報サービス

専用端末の緊急発報ボタンによりグループメンバーへ緊急事態を通知

緊急発報サービス

ページトップへ

NerveNetのライセンスに関する情報

NerveNetは、独立行政法人情報通信研究機構より関連する特許及び知的財産の使用許諾を得て、ナシュア・ソリューションズ株式会社が製造・販売を行っています。
”NerveNet”は、独立行政法人情報通信研究機構の許諾を得てナシュア・ソリューションズ株式会社が商標登録しています。

NICT

製品資料ダウンロード

PAGE TOP